武道学館の特徴

館長挨拶

現代社会において、本当の強さとは、一体何なのでしょうか?

私は、心の強さだと思います。精神的な困難に陥っても負けずに健やかに暮らせること。それが、今の社会を生きるための強さではないでしょうか。

精神的な強さを磨くために、肉体的な強さ、裏打ちされた自信はとても大切です。空手は、手足どちらも動かし、かつ気合を入れることで内蔵の筋肉も刺激することができます。さらに、全身に気を配ることで、精神も整います。

現代社会で役立つ本当の強さを身に着けてもらいたい。そんな思いで1999年5月にスタートした武道学館は、おかげさまで18年。都会で働くビジネパーソンンや高齢者を中心に、外国人や学生など、100名を超える道場生が通っているので、仲間とともに切磋琢磨することができます。

健康に生きるための手段として、大きな意味がある空手。一人でも多くの方に興味を持ってもらえたらと思います。


日本一ていねいで、やさしく、楽しい空手教室を目指しています

武道学館は「本当の強さは、やさしさです」を指導理念としています。

このため、きつい、痛い、上下関係が厳しいなど、これまでの空手道場にありがちな指導や雰囲気をなくし、誰でも楽しく空手を続けられる空手教室を目指しています。

会員それぞれの目的に応じて空手を続けられます

空手は腰を中心に手足を動かす全身運動であり、また呼吸法をも含んでいるため、体の内と外を同時に鍛えることができます。護身術としてはもちろん、美容健康、ダイエット、ストレス解消と、様々な目的に活かすことができます。
会員の皆様が、目的に応じて自分のペースで空手を楽しんで続けられる場を提供するため、稽古中の休憩は自由ですし、通うペースも毎日から週に一度位までと様々です。

武道学館には幅広い層の会員がいらっしゃいます

武道学館の会員には、非常に様々な年齢、職業の方々がいらっしゃいます。年齢では4歳から84歳まで、職業では一般のビジネスマンからフリーターや俳優・役者を目指す方、医師や大学教授など、とても幅広い職種の会員が、一緒に稽古をしています。 また、女性や中高年の比率が高いのも特色です。これまで興味はあったけれども怖かったり仕事が忙しかったりで始められなかった女性やビジネスマンが、武道学館で空手の魅力を発見しています。

まずは無料見学を申し込む
03-3227-9391
開館時間中はいつでも見学可能!